アースキッズ

会社情報

「スパークスタジオ」から「スタジオそら」へ

「スパーク」の名で親しんでいただいたスタジオですが、2016年(平成28年)4月1日より「スタジオそら」に変更します。
子どもたちが晴れた大空の太陽のような気持ちで育って欲しい…、そんな願いをこめて「スタジオそら」と名付けました。

「スタジオそら」のロゴマークは、はじめてクレヨンを持った子どもたちが最初に描く「ぐるぐるの太陽」をシンボルマークにしました。
ぐるぐるの輪は、広がり、成長、変化、調和の意味を含んでいます。太陽の周りのフレアは時計と同じ1周12時間、360度の方向へデザインされ、子どもたちの個性や無限に広がる可能性、未来に向かう時間の流れを表現しています。

スタジオそらの療育特長

スタジオでは厚生労働省のガイドラインに沿いつつも、よりパワフルで豊富な療育システムを提供しています。
スタジオでは、一人ひとりの子どもの体力や個性に対応し、その日その日の感情の起伏にまで気を配り、考案された療育システムを提供しています。
発達療育士が子どもと1対1を基本に個別療育体制で対応します。
スタジオを訪れた子どもたちが、晴れ晴れとした空のような気持ちで帰っていただけるスタジオをめざしています。

スタジオ個別療育

スタジオ個別療育

スタジオでは療育士と子どもが1対1で向かい合うことを基本とし、集中して子どもの個性や反応、その日の感情の起伏や気分にも配慮し、興味を引き出したうえで個別の療育を行います。
多くの子どもたちが、スタジオに来た時と帰る時では変化が見られます。療育士に心をゆるし、問いかけに大きな声で返事をし、笑い、汗をかき、そして手を振って帰って行きます。

あおぞら療育

あおぞら療育

日常、なかなか自然の中で遊ぶ機会の少ない子どもたちが、思いっきり体を動かしながら、四季折々の自然を体験し、のびのびと遊べる機会です。
自然に触れることを第一に考え、太陽の陽を浴びたり、風を感じたり、小さな虫や草木に触れることが、子どもたちの心を開き育てます。 小グループで行うため、集団行動の基本が身に付いたという結果を得ています。

発達障害についてはこちらをご覧ください。

スタジオそらの発達療育士

発達療育研究所での研修により技術を修得し、現場で経験を積んだ療育士です。
独自の発達アプローチにより、子どもの特性に合った接し方から、特性を理解し、興味を引き出すことで、子どもに最も近い存在となって、子どもの心を開きます。療育終了後は、発達療育士が担当した一人ひとりの能力と療育中の子どもの心や体の状況を評価し、保護者の皆さんともしっかり情報を伝え合うことを心がけ、配慮に基づいた療育システムの検討を続けていきます。

発達療育に終わらない支援サービス

「アース・キッズ株式会社」「スタジオそら」が支援し、推進・実践する発達療育は、平成 26 年 7 月に厚生労働省の検討会の報告書として作成された、「放課後等デイサービスガイドライン」 に沿って支援・推進・実践されるものです。

  • 1 子育ての悩み等に対する相談にも応じます。子どもたちと向き合うためには、子どもだけでなく、家庭への支援と保護者のニーズに応えていきます。
  • 2 家庭内の子育てについて、ペアレント・トレーニングなどを活用しながら、子どもの育成を支える力を付けられるよう支援します。
  • 3 保護者の時間を保証するために、ケアを一時的に代行するなどの支援と、双方向でのコミュニケーションによって保護者の負担を軽くしていきます。
スタジオそらのサイトへ